患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
351349
single,single-post,postid-351349,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

塩より先に砂糖

塩

昔から和食の味付け基本は「さしすせそ」の順番で、といわれます。

でも、「塩」より先に「砂糖」を入れる必要があるのは、どうしてでしょうか?実は、塩と砂糖では、分子の大きさが全く違っているからなんです。
塩は、砂糖の分子よりも小さいために、とても味がしみ込みやすいのです。それゆえに、砂糖より先に塩で味付けしてしまうと、食材の中にグングン塩分がしみわたってしまい、後から砂糖の分子が入ろうとしても、入ることができないんですねぇ。
しかも、塩には水分を引き出す作用もありますから、食材が引き締まって、ますます砂糖がしみにくくなってしまいます。
だから、「塩」より先に「砂糖」を入れる、これがとても大切になんですね。