患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
351536
single,single-post,postid-351536,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

介護施設、地方でも不足?

介護

日本の都市の7割で、2030年に介護施設が足りなくなるとする推計を、民間のコンサルティング会社がまとめた。

民間の有識者会議「日本創成会議」が6月、一部の地方都市では介護施設に余裕があるとして、東京圏からの移住を提言したのと相反する結果になった。

創成会議が全国41地域を「移住に適した地域」として紹介したのに対し、同社は、介護の必要度が高い「要介護3」以上の高齢者数を基に、介護施設の必要定員数を推計。14年と同じペースで介護施設の整備が続いていく場合の不足数を計算した。

この結果、全国の政令市と中核市の計65市のうち、30年には、7割を超える48市で介護施設が足りなくなると分析。創成会議が、有望な移住先として挙げた地域内にある都市では、青森、秋田、盛岡、富山、金沢、和歌山、岡山、高松、松山、高知、北九州、熊本、鹿児島などで「介護施設は足りなくなる」と指摘した。

どうなっていくのでしょうか。
不安です。