患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
351548
single,single-post,postid-351548,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

AEDに新ガイドライン

AED

救急医学の学会などでつくる「日本蘇生協議会」が、路上や公共施設などで倒れた人に対する、一般市民による心肺蘇生法の新たなガイドラインを作成し、ホームページ上で公表されております。

協議会は、5年後の東京五輪や大規模災害を念頭に、市民が行う救命処置の重要性を強調。救急隊が到着するまでに心肺蘇生を実施する場合と、しない場合では救命率が大きく違う。市民と医療従事者の連携が非常に重要としている。

ガイドラインでは、呼吸の有無が判然せず、心停止状態かどうかの判断に自信が持てない場合でも、すぐに心臓マッサージ(胸骨圧迫)や、電気ショックを与える自動体外式除細動器(AED)の使用を開始するよう明記。「心停止でなかったとしても害はなく、胸の骨が折れるなどしても原則責任を問われることはない」としている。

また、119番した際には、救急車を呼ぶだけでなく、通信指令員から心臓マッサージの指導を受けることが必要とも指摘。市民による心肺蘇生の実施率向上には、心臓マッサージとAEDの使用法を学ぶ短時間の講習などが有効とし、AEDの効果的な配置と適正な管理も重要とした。

総務省消防庁によると、平成25年の救急搬送で心肺停止状態になったのを目撃された人は約2万5千人に上り、このうち約半数に対し一般市民が心肺蘇生を実施。1カ月後の生存率は、救命処置がなかった場合に比べて約1・6倍高かった。

日本蘇生協議会ホームページ