患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
351372
single,single-post,postid-351372,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

障害者雇用、5年連続1位の県

障害者

何県なのでしょう。

障害者の法定雇用率を達成した佐賀県内の企業の割合(6月1日現在)が71・3%(全国平均47・2%)に上り、5年連続で全国1位となった。国の障害者雇用促進策を背景に、県内企業の雇用は昨年より100人以上増加。達成企業が全国で唯一7割を超えた。佐賀労働局は「働きたい障害者と、人手不足に悩む企業のニーズもかみあった」としている。

障害者雇用促進法では、公的機関や従業員50人以上の民間企業に対し、常時雇用している従業員の一定割合(法定雇用率=民間企業は2・0%)以上の障害者(短時間勤務は0・5人換算)を雇うよう義務づけている。

同労働局によると、県内の対象は534企業で、このうち454企業が昨年より134人多い2137人を雇用。法定雇用率の達成割合も昨年より4・9ポイント上昇した。対象企業の従業員に占める障害者の割合は、これまでで最高の2・37%(全国平均1・88%)に達した。

千葉県のデータも見てみたいですね。