患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
352034
single,single-post,postid-352034,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

B型肝炎ワクチン、定期接種へ

B型肝炎

厚生労働省の専門家部会は5日、定期接種の方針が決まっていたB型肝炎ワクチンについて、今年10月から導入することを決めた。

対象は今年4月以降に生まれる0歳児で、生後2、3、7~8カ月の計3回の接種を標準とする。原則無料で打てるようになり、接種後の健康被害についても、予防接種法に基づき治療費などが支払われる。

B型肝炎は、血液や体液を通じてウイルスに触れることで感染する。汗や唾液、涙に含まれるウイルスから感染したとみられる例も報告されており、家庭内や集団生活で感染するリスクがある。近年は慢性化しやすい欧米型のウイルスも増えており、厚労省の部会は昨年1月、B型肝炎ワクチンの定期接種化を了承。開始時期が検討課題となっていた。