患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
352075
single,single-post,postid-352075,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

「りぼん」などの付録、発がん性物質

chanel

英社と講談社の少女向け雑誌3誌の付録のマニキュア類から、国内の化粧品基準で配合が認められていない発がん性物質ホルムアルデヒドが検出され、使用中止や回収を呼びかけていることが分かった。

検出されたのは、集英社の「りぼん」2015年8月号、講談社の「おともだちピンク」14年11月号と「なかよし」15年1月号の各付録。両社とも、重篤な健康被害のおそれはないなどとしているが、アレルギーのような反応を起こす可能性があるという。

また、講談社は18日、マニキュアなどを付録に予定していた3月15日発売の「たのしい幼稚園」4月号増刊「ひめぐみvol.33」の発売中止を発表した。

子供が被害にあってはならない。