患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
352281
single,single-post,postid-352281,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

熱中症搬送

夏

総務省消防庁は5日、6月27日~7月3日の1週間に全国の2847人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表しました。

前週の865人の3・3倍。搬送先で死亡が確認されたのは6人だったそうです。各地で猛暑日になった7月2、3日に搬送が集中した。

集計によると、3週間以上の入院が必要な重症者は43人、短期の入院が必要な中等症は810人だった。
65歳以上の高齢者が47・4%を占めた。

都道府県別では、愛知が239人で最も多く、大阪209人、東京198人と続いた。死亡してしまったのは北海道、石川、大阪、和歌山、岡山、愛媛の各1人。

まだ7月上旬とあなどってはいけません。
小まめな水分補給や適度な休憩といった予防策を取るようにしてください。