患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
352399
single,single-post,postid-352399,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

はしか

はしか

国立感染症研究所は13日、今月4日までの1週間に大阪、兵庫のほかに関東でも新たに26人のはしか感染が報告され、今年に入ってからの全国の患者数が計82人となったと発表しました。

8月中旬以降、関西空港の従業員らに広がったほか、兵庫県でも幼児の感染が確認された。1週間の患者報告は埼玉2人、千葉4人、東京5人、神奈川1人、大阪10人、兵庫4人だった。今年感染が報告された地域は、海外での感染とみられるものも含めて15都道府県に上る。

はしかは高熱や全身の発疹が特徴で、原因ウイルスは感染力が強く、空気感染で広がる。1千人に1人程度が肺炎や脳炎で死亡することもあり、ワクチン接種による予防が標準的な対策です。

気を付けましょう。