患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
352467
single,single-post,postid-352467,single-format-standard,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

乗り物酔い

bus

耳の働きには、「音をきく」以外に「カラダの平衡感覚」を保つ働きもあります。

耳の中には、「三半規管」というからだの回転方向を知るセンサーがついており、車酔いをしやすい方は、このセンサーのはたらきに異常が起こっているということです。
三半規管の内部はリンパ液で満たされているため、リンパ液などの流れが悪くなると、その傾向が強く出てしまいます。リンパ液の流れが悪くなるのは、水分がカラダの中にダブついていたり、水分の代謝の悪い場合などです。
水分の取りすぎに注意が必要です。