患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
350957
page,page-id-350957,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

インプラント治療

Implant

インプラントとは

失われた歯の部位に人工的な歯根を埋め込むことによって、もとのように美しい歯を取り戻すことができる治療です。多数の歯を失った症例にも、一本だけの修復にも応用できます。

アイ・ティー・デンタルクリニックでは、インプラント治療により、楽しく、おいしい食事ができるばかりではなく、美しく健康的な口元を作り、笑顔あふれる生活 ” クオリティー オブ ライフ ” をめざしています。

imp_2

インプラント治療について

歯がなくなってしまった場合の治療法は、いままでは、残った歯やあごの一部を犠牲にして、機能回復を図ってきました。しかし、それではまた新たに歯や骨を失ってしまいます。これからの治療は、機能回復するとともに、残された歯や骨を失うことがない方法を選択することが大切であると考えています。

現在、インプラント治療ではまず、100%に近い純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、抜いてしまった歯の根の代わりを作ります。その上に差し歯の要領で歯を作ってゆきます。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。 人間の歯には、毎日とても大きな力が加えられています。お食事のとき、運動をするときなど、日常生活の中で歯は身体を安定させ、維持するためにたくさんの役割を果たしているのです。

インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから他の歯に侵襲を加えることはありません。 そして、しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。ただ、普通の歯科治療と異なり、人工の根(インプラント体)をあごの骨に埋め込むことが必要となりますので、きちんとした知識と技術を持ち、設備もしっかりとした当院にお任せ下さい。

imp

メンテナンス

imp_4

インプラント体自体も日々研究を重ねて改良され進化していますので、その残存率は飛躍的に伸びているのが現状です。しかし、過去のデータは、未来の個人の症例に当てはまるものではありません。治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来は大きく影響されます。日頃のお手入れや定期健診など、患者様自身のケアをしっかりと行い、長く快適にインプラントを使っていけるようにしましょう。

インプラントは材質的に100%虫歯になる心配はありません。
そういった点では天然の歯より安心できるかもしれません。しかし、残念なことに途中で使えなくなってしまうケースがあります。最も多い原因は、歯周病です。歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。

ですから、たとえインプラントといえど、手入れの仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もあるわけです。
せっかく手に入れた新しい歯。その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられる部分が大きいのです。 生涯にわたって快適な生活を持続するために、毎日のお手入れを必ず欠かさず行って下さい。

そしてもう一つ重要なのが、定期健診です。 ご自宅の歯磨きではすみずみまできちんと磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、プラーク(歯垢)が溜まってしまうものです。そんな磨き残しを取り除くため、当院に定期的に来院していただき、プロフェッショナルケアを受けていただきます。さらに、これに加え、インプラントや歯肉の状態、噛み合わせなどのチェックなども定期的に検診します。それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。

Comparison

従来の治療方法の比較

歯を1本失った場合

1413363519758

歯を1本失った状態

1413363546248

従来の治療方法 ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

  • メリット
    ・短い治療期間となります。
  • デメリット
    ・両隣の健康な歯を削る必要があります。
    ・削られた歯への負担が増加します。
    ・歯を失った部分の骨がやせていきます。
1413363570319

インプラント

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

  • メリット
    ・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    ・天然歯に近い見栄えです。
    ・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
    ・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    ・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    ・口元を気にせず、自然に話すことができます。
  • デメリット
    ・健康保険が適用されない治療となります。
    ・簡単な手術が必要です。

歯を複数本失った場合

1413363611021

歯を複数本失った状態

1413363654280

従来の治療方法 部分入れ歯

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

  • メリット
    ・短い治療期間となります。
  • デメリット
    ・バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
    ・バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
    ・違和感を感じることがあります。
    ・歯を失った部分の骨がやせていきます。
1413363693001

インプラント

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

  • メリット
    ・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    ・天然歯に近い見栄えです。
    ・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    ・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    ・口元を気にせず、自然に話すことができます。
    ・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。
  • デメリット
    ・健康保険が適用されない治療となります。
    ・比較的簡単な手術が必要です。

歯をすべて失った場合

1413363735371

歯をすべて失った状態

1413363768928

従来の治療方法 総入れ歯

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

  • メリット
    ・短い治療期間となります。
  • デメリット
    ・入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
    ・硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
    ・味覚に影響する場合があります
    ・入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。
    ・あご全体の骨がやせることがあります。
1413363794902

インプラント

インプラントを用いた入れ歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

  • メリット
    ・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    ・天然歯に近い見栄えです。
    ・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    ・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    ・口元を気にせず、自然に話すことができます。
    ・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。
  • デメリット
    ・健康保険が適用されない治療となります。
    ・やや複雑な手術が必要です。