患者様のお話をよく聞き、最大限に患者様の希望に沿った治療をするために、最新の治療と世界基準の設備を取り入れることにより
患者様の考える希望の治療を可能にして十分満足していただけるように最大限の努力を続けます。
350972
page,page-id-350972,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,eltd-cpt-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,moose-ver-1.0, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,side_menu_slide_with_content,width_370,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.1.1,vc_responsive
 

予防療法

prevention

予防療法

歯と口腔の健康を維持するには、
2大疾患の虫歯と歯周病を予防する事で、
大きな効果が得られるのです。

お口の健康を管理維持していく事をオーラルヘルスケアと呼びます。 オーラルヘルスケアとはオーラル(口腔)ヘルス(健康)ケア(管理・予防)を意味しています。

お口の健康を維持していく上で、最も重要な事は歯を大切に守ることです。お口の健康にとって最も大切な歯、その歯が無くなってしまう最大の原因は虫歯と歯周病です。

yobou_001

虫歯を治療するためには虫歯菌に感染した歯質を削り取らなければなりません。そして、削り取ったままで放置してしまっては、歯が割れたり、そこからさらに虫歯菌が入り込んでしまうのでプラスチックや金属で埋めなければなりません。しかし、どんなに正確な治療をしたとしても、人工の詰め物と本来の歯の間にはミクロのすき間ができてしまいます。するとミクロのすき間から虫歯菌が入り込みより大きな虫歯をつくってしまうのです。

つまり歯は一度虫歯になってしまうと何度も治療を繰り返し、しかもだんだん虫歯に侵された歯質が増え最後には、抜歯という歯の死を迎えてしまうのです。 そこで、虫歯は「虫歯になったら治療すれば良いや」では無く「虫歯にならないように予防する」事が重要なのです。

歯周病の原因は歯と歯肉の境目についた細菌

歯周病の原因は。歯と歯肉の境目についた細菌による毒素です。 この細菌は、歯と歯肉の間のプラークに生息していますので、プラークを除去することで歯周病を改善することが出来ます。 しかし、歯石が出来てしまうことで、このプラークが溜まりやすくなり歯周病を悪化させます。歯石は、歯ブラシなど患者さんが自分でとることが難しいものです。

また、どこに歯石が溜まっているかを確認することも難しいのです。歯石は、出来始めは柔らかいものの、時間が経つと歯石の量は増え、固くなってしまい取り除くことが難しくなります。そこで,定期的に歯石を除去することが、歯周病の予防に重要です。