Ceramic treatment

セラミック治療

Ceramic treatment
セラミック治療
侵襲性の少なさ。機能美の追及。
これが私たちのセラミック治療です。

私たちが考える審美歯科治療は、しっかり噛んで食事ができ、気持ち良く会話ができるように「機能性」も得られないと審美歯科治療とは言えません。患者様にとっては「美しさ」が得られれば他はあまり気にしないと思われている方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いであり、「審美性」と「機能性」の両方を兼ね備えなければ、せっかく入れたセラミック治療も長く使えなくなってしまいます。またそうした審美的・機能的な解決が患者様の見た目でだけでなく、心の健康にも役立つと考えています。

私たちは、セラミックマテリアルや接着剤の進歩を最大限に生かし、歯科医師と院内歯科技工士が密に連携しながら、最小限の侵襲で、天然歯並みに美しい審美治療が実現できます。

侵襲性の少なさ。機能美の追及。
これが私たちのセラミック治療です。

私たちが考える審美歯科治療は、しっかり噛んで食事ができ、気持ち良く会話ができるように「機能性」も得られないと審美歯科治療とは言えません。患者様にとっては「美しさ」が得られれば他はあまり気にしないと思われている方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いであり、「審美性」と「機能性」の両方を兼ね備えなければ、せっかく入れたセラミック治療も長く使えなくなってしまいます。またそうした審美的・機能的な解決が患者様の見た目でだけでなく、心の健康にも役立つと考えています。

私たちは、セラミックマテリアルや接着剤の進歩を最大限に生かし、歯科医師と院内歯科技工士が密に連携しながら、最小限の侵襲で、天然歯並みに美しい審美治療が実現できます。

セラミッククラウン

セラミッククラウンは冠全体がセラミックでできたをクラウン(被せもの)です。
この治療は、金属を使用しませんので、金属アレルギーを心配される方にも安心して受けることが出来ること、そして自然歯のような仕上がりにすることができます。セラミックの性質を生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。
この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。ですが、欠点としては、歯を削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンは、冠全体がジルコニアできたをクラウン(被せもの)です。
ジルコニアは、人工ダイヤの素材として知られ、スペースシャトルの断熱保護剤、人工股関節の一部分など工業から医療まで様々な用途があり、高い強度、優れた耐久性、耐腐食性、生体親和性、安全性などが実証されている材料です。
セラミッククラウンにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、主に奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどに適用です。審美的には土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。
こちらも金属を使用しないため、金属アレルギーを心配される方にも安心して受けることが出来ること、そして自然歯のような仕上がりにすることができます。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンは、外側がセラミックで、中側は金属でできているクラウンです。
陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます。変色せず、強度も強いのでどこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。
また、メタルボンドクラウンは外見は良いですが、裏側から見ると金属が見えてしまいます。また、金属アレルギーの恐れがあります。

ハイブリットセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミックとプラスチックを混ぜた材料で作られたクラウン(被せものです。
硬すぎないため、他の歯を傷めることもなく、破損しても容易に修復することができます。内側を金属で補強しますので外見は良いですが、裏側から見ると金属が見えてしまいます。
また、金属アレルギーの恐れがあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、薄いセラミックのシェル(薄い付けツメのようなプレート)を貼り付ける治療法です。
主に歯の色を白くしたり、歯と歯のすき間を改善するなど、天然歯のような美しくすることができます。

Ageing Care
エイジングケア
金属による身体への悪影響をさけるためには、
生体親和性の高いセラミック、チタンが有効です。

口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。その結果、脳、肝臓、腎臓などの臓器に蓄積し、臓器機能障害を引き起こします。

また、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症、肌のシミ・しわ・黒ずみなどを生じるようになります。 しかも、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。

現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属によって免疫力が低下し、老化や発癌が促進されてしまうのではないかということです。

金属による身体への悪影響をさけるため
生体親和性の高い
セラミック・チタンが有効です。

口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。その結果、脳、肝臓、腎臓などの臓器に蓄積し、臓器機能障害を引き起こします。

また、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症、肌のシミ・しわ・黒ずみなどを生じるようになります。 しかも、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。

現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属によって免疫力が低下し、老化や発癌が促進されてしまうのではないかということです。

エイジングケアへのアプローチ

最近、健康や美容を目的としたアンチエイジングのためのデトックスが話題となっています。 あなたのお口の中に入っている詰め物や被せ物の金属を除去しないまま、どれだけデトックスを行っても効果的ではありません。 真のデトックスとは、あなたの身体に合わないお口の中の金属の除去から始めなければなりません。 それが真のアンチエイジングにつながります。

しかしながら現実問題、歯科用金属を全く使用しない歯科治療は困難ですから、患者さんの体質に合わせた慎重な素材選択が必要になります。セラミックはもっとも安全であり、チタンも安全性の高い材料です。失われた歯を回復する場合には、費用の点を別にすればチタン製インプラント(人工歯根)とセラミックの人工歯冠が安全な選択といえます。

当院では、人それぞれにちがうお口の状態をきちんと見極め、検討を重ねた治療、材料をご提案しています。

Our Prosthodontics
いろいろな症例